労働安全衛生法検定2級
解答はメールにて「1」〇、「2」×、「3」〇などの表記で行い、
最後に受験者の名前を添えて提出して下さい。



次に示す業態をとる株式会社についての安全衛生管理に関する記述のうち、正しいものには〇を、誤っているものには
×を付けなさい。なお、衛生管理者及び産業医については、
選任の特例(労働安全衛生規則第8条及び同規則第13条第3項)を考えないものとする。

前提条件として、

X市に本社を置き、人事、総務等の管理業務と営業活動を行っている。
    使用する労働者数  常時40人
Y市に工場を置き、食料品を製造している。
    工場は24時間フル操業で、1グループ150人で構成する4つのグループ計600人の労働者が、1日を3つに
区分した時間帯にそれぞれ順次交替で就業するいわゆる4直3交替で、業務に従事している。したがって、
この600人の労働者は全て、1月に4回以上輪番で深夜業に従事している。なお、労働基準法第36条第1項ただし書きに
規定する健康上特に有害な業務に従事する者はいない。
Z市に2店舗を置き、自社製品を小売りしている。
    Z1店舗  使用する労働者数  常時15人
    Z2店舗  使用する労働者数  常時15人(ただし、この事業場のみ、うち12人は1日4時間労働の短時間労働者)


第1問

X市にある本社には、総括安全衛生管理者、衛生管理者及び産業医を選任しなければならない。


第2問

Y市にある工場には、安全委員会及び衛生委員会を設置しなければならず、それぞれの委員会の設置に代えて、
安全衛生委員会を設置することができるが、産業医については、その工場に専属の者を選任しなければならない。

第3問

Y市にある工場には衛生管理者を3人選任しなければならないが、そのうち少なくとも1人を
衛生工学衛生管理者免許を受けた者のうちから選任しなければならない。

第4問

X市にある本社に衛生管理者が選任されていれば、Z市にあるZ1店舗には衛生推進者を選任しなくてもよい。

第5問

Z市にあるZ2店舗には衛生推進者の選任義務はない。




上記の課題が完了したら、メール本文に記入して送付してください。
メールの送付先は「law@social-insurance.online」です。
解答はメールにて「1」〇、「2」×、「3」〇などの表記で行い、
最後に受験者の名前を添えて提出して下さい。


件名:労働安全衛生法2級
本文:「1」A 「2」B 「3」C 「4」D 「5」E
       
氏名:田中 一太郎
メール:メールアドレス  law@social-insurance.online
生年月日:1980年5月13日
年齢:48歳


メール提出が完了したら、1級から3級の受験者及び、各級の資格証明の希望者は
下記の銀行を選び、必要な金額を入金してください。
金額は内税になっておりますので記入額そのままの入金で大丈夫です。
4級受験は無料ですのでご入金の必要はありません。

楽天銀行 普通口座 サンバ支店 支店番号203 口座番号1848477 木村 昌弘

戻る