厚生年金保険法検定2級
解答はメールにて「1」〇、「2」×、「3」〇などの表記で行い、
最後に受験者の名前を添えて提出して下さい。



育児休業給付に関して次の問いに〇×で答えなさい。なお、本問の被保険者には、
短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者を含めないものとする。


次の問いに〇×で答えなさい。なお、本問における合意分割とは、全ての問いにおいて
厚生年金保険法第78条の2に規定する離婚等をした場合における標準報酬の改定の特例をいう。

第1問
障害厚生年金の額の計算の基礎となる被保険者期間に係る標準報酬が、合意分割により
改定又は決定がされた場合は、改定又は決定後の標準報酬を基礎として年金額が改定される。
ただし、年金額の計算の基礎となる被保険者期間の月数が300月に満たないため、
これを300月として計算された障害厚生年金については、離婚時みなし被保険者期間はその計算の基礎とされない。


第2問

厚生年金保険法第78条の14の規定によるいわゆる3号分割の請求については、
当事者が標準報酬の改定及び決定について合意している旨の文書は必要とされない。


第3問

離婚時みなし被保険者期間は、特別支給の老齢厚生年金の定額部分の額の計算の基礎とはされない。


第4問

離婚が成立したが、合意分割の請求をする前に当事者の一方が死亡した場合において、
当事者の一方が死亡した日から起算して1か月以内に、当事者の他方から所定の事項が記載された
公正証書を添えて当該請求があったときは、当事者の一方が死亡した日の前日に
当該請求があったものとみなされる。


第5問

第1号改定者及び第2号改定者又はその一方は、実施機関に対して、厚生労働省令の定めるところにより、
標準報酬改定請求を行うために必要な情報の提供を請求することができるが、その請求は、
離婚等が成立した日の翌日から起算して3か月以内に行わなければならない。



上記の課題が完了したら、メール本文に記入して送付してください。
メールの送付先は「law@social-insurance.online」です。
解答はメールにて「1」〇、「2」×、「3」〇などの表記で行い、
最後に受験者の名前を添えて提出して下さい。


件名:厚生年金保険法2級
本文:「1」A 「2」B 「3」C 「4」D 「5」E
       
氏名:田中 一太郎
メール:メールアドレス  law@social-insurance.online
生年月日:1980年5月13日
年齢:48歳


メール提出が完了したら、1級から3級の受験者及び、各級の資格証明の希望者は
下記の銀行を選び、必要な金額を入金してください。
金額は内税になっておりますので記入額そのままの入金で大丈夫です。
4級受験は無料ですのでご入金の必要はありません。

楽天銀行 普通口座 サンバ支店 支店番号203 口座番号1848477 木村 昌弘

戻る