健康保険法検定2級
解答はメールにて「1」〇、「2」×、「3」〇などの表記で行い、
最後に受験者の名前を添えて提出して下さい。


第1問

72歳の被保険者で指定訪問看護事業者から指定訪問看護を受けようとする者は、
被保険者証に高齢受給者証を添えて、当該指定訪問看護事業者に提出しなければならない。

第2問

事業主は、当該事業主が被保険者に対して支払うべき報酬額が保険料額に満たないため
保険料額の一部のみを控除できた場合においては、当該控除できた額についてのみ
保険者等に納付する義務を負う。

第3問

共に全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者である夫婦が共同して扶養している者に
係る被扶養者の認定においては、被扶養者とすべき者の人数にかかわらず、年間収入の
多い方の被扶養者とすることを原則とするが、夫婦双方の年間収入が同程度である場合は、
被扶養者の地位の安定を図るため、届出により、主として生計を維持する者の
被扶養者とすることができる。

第4問

50歳である一般の被保険者は、当該被保険者又はその被扶養者が介護保険第2号被保険者に
該当しなくなったときは、遅滞なく、所定の事項を記載した届書を事業主を経由して
厚生労働大臣又は健康保険組合に届け出なければならないが、事業主の命により被保険者が
外国に勤務することとなったため、いずれの市町村又は特別区の区域内にも住所を
有しなくなったときは、当該事業主は、被保険者に代わってこの届書を厚生労働大臣又は
健康保険組合に届け出ることができる。

第5問

保険医の登録をした医師の開設した診療所で、かつ、当該開設者である医師のみが
診療に従事している場合には、当該診療所は保険医療機関の指定があったものとみなされる。
なお、当該診療所は、健康保険法第65条第3項又は第4項に規定するいわゆる
指定の拒否又は一部拒否の要件に該当しないものとする。




上記の課題が完了したら、メール本文に記入して送付してください。
メールの送付先は「law@social-insurance.online」です。
解答はメールにて「1」〇、「2」×、「3」〇などの表記で行い、
最後に受験者の名前を添えて提出して下さい。


件名:健康保険法2級
本文:「1」〇 「2」〇 「3」〇 「4」〇 「5」〇
       
氏名:田中 一太郎
メール:メールアドレス  law@social-insurance.online
生年月日:1980年5月13日
年齢:48歳


メール提出が完了したら、1級から3級の受験者及び、各級の資格証明の希望者は
下記の銀行を選び、必要な金額を入金してください。
金額は内税になっておりますので記入額そのままの入金で大丈夫です。
4級受験は無料ですのでご入金の必要はありません。

楽天銀行 普通口座 サンバ支店 支店番号203 口座番号1848477 木村 昌弘

戻る